紹介ゲームタイトル

紹介ゲームタイトル

全てのゲームタイトル

これで達人芸からは卒業?キレアジの上ヒレを満開の宴で集めておこう!

4/10から開催されている満開の宴。約1週間モンハンからは離れてFF7Rに浮気していました。だってFFの発売日と被るんだものー。そりゃモンハンどころじゃねぇってのが正直なところですわな!笑

てなわけで久々のモンハン記事の投稿になるわけですが、今回開催されている満開の宴、すでに各所で言われているとおり「神クエ」が降臨していました。

マスターランクのイベントクエスト☆1『その魚のキレアジはいかが?』です。ドスキレアジ2匹を納品するだけというお手軽クエストでありながら、研磨動作1回で切れ味を復活できる神アイテム『キレアジの上ヒレ』が大量入手できるという、まさに神クエ!

今回は本クエストの高速周回方法と共に、キレアジの上ヒレ+剛刃研磨でどんな装備構成が可能になるのか、ご紹介したいと思います。私としては「近接武器は達人芸のカイザー3部位つけとけや」みたいな、選択の幅が絞られる感じが好きではないので、これでやっと他の装備構成でも切れ味を維持しながら楽しく狩りができるようになって嬉しいです!


イベクエ『その魚のキレアジはいかが?』の周回方法

あまり意味ないかもですが、一応本クエストの概要をご紹介。マスターランク行けるなら誰でも行けますね。そして今回の目玉は間違いなく『キレアジの上ヒレ』。なんたって1回の研ぎ動作で切れ味復活できるんですから!しかも75%の確率で消費しない!切れ味難民にとっては神アイテムです。

主なクエスト内容
目標ドスキレアジ2匹の納品
報酬金9000z
主な報酬キレアジチケット、キレアジの上ヒレ
場所大蟻塚の荒地
受注・参加条件MR2以上

周回方法は超カンタンなので、順を追って説明します。

まず装備についてですが、強運(キリン2部位+覚醒1)+満開の贈り物(ローゼ3部位)を装備しましょう。これで特別報酬枠が増える可能性を上げつつ、満開チケットSPを入手できる確率も上がります。

キリンのシリーズスキルについてはムフェトジーヴァの覚醒武器に付けておけば問題ないですし、ローゼはログインボーナスや配信バウンティで入手できる満開チケットで防具生産しましょう。装着部位についてはそれぞれお好みで問題ありません。

次に、装衣には『隠れ身の装衣』を必ず入れておきましょう。魚はそのままの状態で近づくと逃げてしまうので、隠れ身の装衣を着用した状態でクエストを進行します。また、使うアイテムは何もありませんので、アイテムポーチは空っぽでOK。『捕獲用ネット』と『釣り竿』は使うので、アイテム表示しておきましょう。

クエスト受注の際にはドスキレアジが確定出現している南西初期キャンプか中央キャンプを選択します。ソロの場合はどちらからでもかまいませんし、2人以上であれば初期キャンプで1人1匹捕獲すればすぐクリアできるためオススメです。

初期キャンプ近くの川では隠れ身の装衣+捕獲用ネットでOK

クエストが開始したら隠れ身の装衣を着用して、捕獲用ネットを装着します。初期キャンプの場合はキャンプを出て左に進んだところにある川にドスキレアジが出現しているので、捕獲用ネットで捕獲します。

ソロだと中央キャンプでは釣り竿が安定かも

中央キャンプの場合はキャンプの真横にある池の中にドスキレアジが出現しているので、距離が近い場合は捕獲用ネット。離れている場合は少し面倒ですが釣り竿を使って通常どおり釣り上げましょう。ソロの場合、捕獲用ネットを当てられなかった場合は逃げられてしまい、再出現するまでに何分もかかってしまって逆に非効率だからです。

ドスキレアジの出現位置にもよりますが、よほど手間取らない限りソロなら1分、マルチなら30秒程度でクエスト達成できるはずです。肝心の報酬はというと、1周あたりキレアジの上ヒレが3〜5個というところでしょうか。運が良ければ報酬で4個は確認できました。

今までは頑張ってドスキレアジを探し回って釣り上げてやっと1個みたいな苦行だったので、このクエストはかなり美味しいですね。キレアジチケットはむしろおまけみたいなもので、キレアジセーバーという水属性の双剣(ただの魚)が作れますw

ただこのキレアジセーバーも強化してキレアジセーバー・改にすれば、いろいろ強化して属性値700を超えてくるので、水属性双剣としては現状最強クラスの性能だと思います。剛刃研磨も武器に付いているので取り回しやすいですし。ただすごく強いとは思いませんでした。笑


これからは剛刃研磨+キレアジの上ヒレでしょ

今までは見向きもされなかった剛刃研磨。やっとアイテムポーチから取り出す時が来ました。2スロ×1個で発動できるのでスキル枠の圧迫はほぼなし。剛刃研磨発動と切れ味復活用に必ずアイテムポーチにキレアジの上ヒレ5個入れて、ついでにショートカットにも登録しときましょう。

「さあ、あとはあなたの望むがまま、自由に防具・スキルを組み合わせてください!」と言わんばかりの自由度!うおおおぉぉぉー!!これだよこれこれ!!!ひとまず達人芸を抜いてどんな装備構成が組めるのか調べたり試したりしてみましたので、結果をご紹介いたします。

その前に剛刃研磨を採用するにあたって知っておきたいスキルと効果の説明です。

  • 剛刃研磨:武器を研いでから1分間切れ味が消費されない
  • アイテム使用強化Lv3:使用アイテムの効果時間1.5倍

上記2つのスキルを組み合わせることにより、武器を研いでから1分30秒間切れ味が消費されません。1分30秒って聞くと短く感じるかもしれませんが、ちゃんと火力が出せれば大抵のモンスターはエリア移動しますし、剛刃研磨の効果が切れてもキレアジの上ヒレがあれば最低限の隙で切れ味を復活できます。


剛刃研磨を採用した装備構成の紹介

達人芸を前提とせずに装備を考えられるので、本当にプレイスタイルの幅が広がると思いました。達人芸に慣れすぎてしまっていて、逆に考えるのが難しかったくらい。笑 双剣と太刀の2種類考えてみたので、何か参考になれば幸いです。

属性特化型双剣

達人芸を抜いたら運用できると最初に思いついたのがこれ。シルバーソル4部位で発動する真・会心撃をメインとした属性特化双剣装備。まぁこれくらいは誰でもすぐに思いつくと思われますが、一応ご紹介いたします!笑

そもそも属性特化の双剣を使う場合にどうしてもネックだったのが斬れ味の確保手段だったわけですが、キレアジの上ヒレをこれだけ入手できるのであれば、もう達人芸なんてなくてもいいわけですから。シルバーソルの真・会心撃とお好みの防具・シリーズスキルを組み合わせて快適に狩りができるってもんです。

装備構成
武器赤龍ノ舞う爪・氷(属性は何でもOK)回避珠 II
EXブラキウムヘルムβ挑戦珠 II × 2、体力珠
EXシルバーソルメイルβ挑戦・体力珠
EXブラキウムヘルムβ痛撃・体力珠、痛撃・回避珠
EXシルバーソルコイルβ達人珠 II、氷結珠
EXシルバーソルグリーブβ達人珠 II、剛刃珠、達人珠
護石氷結の護石V(武器属性に合わせて)
装衣転身・不動や回避などお好みで投石、体術などお好みで
武器の強化内容
覚醒能力銀火竜の真髄、斬れ味強化V×2、属性強化VI、属性強化V
カスタム強化会心率強化I、回復能力付与I、属性・状態異常強化I
発動スキル
挑戦者 Lv7氷属性攻撃強化 Lv6
見切り Lv5体力増強 Lv3
超会心 Lv3弱点特効 Lv3
回避性能 Lv3スリンガー装填数UP Lv2
風圧耐性 Lv1剛刃研磨 Lv1
スリンガー装填・極意(銀火竜の真髄)真・会心撃【属性】(銀火竜の真髄)
挑戦者・極意(砕竜の闘志)

上記構成だと基礎会心率が40%+弱特50%+挑戦者20%で、モンスター怒り状態の傷あり弱点で110%と少しもったいない気もしますが、真・会心撃をメインとしているので、非怒り状態の傷なし弱点部位でもなるべく会心が出ることを想定しています。その場合は会心率70%と少し心もとない数値ではありますが・・・笑

わりと基本的な立ち回りであれば、大抵のモンスターは怒り状態で弱点部位にも傷をつけるはずなので「傷がついていなくても大体会心が出る」みたいな状況を狙っている感じですね。

あと双剣では是非欲しいスキルであるランナーや体術などのスタミナ軽減系スキルについては付けていません。これらは正直プレイスタイルや好みだと思うので、ブラキウムの挑戦者・極意ではなくバヌークのスタミナ上限突破に変更したりするのも良いと思います。私は双剣使用時は必ず強走薬を飲むので、ランナーはそこまで必要でもないかなと思い火力の底上げに振りました。


火力ゾンビ型太刀

今までの最強装備みたいに紹介されているものは、底上げした火力とプレイヤースキルが要求されることが多くて「作ってみたけど安定しない」「結局乙ってしまってクエスト失敗になることが多い」みたいなこと、あると思います。

この装備はアイスボーンではあまり採用機会がなかったヴァルファーの超回復力を採用することで、安定したHP管理と比較的新しいブラキウム・斉天装備によって会心率と火力の底上げも実現している、火力・生存を両立した最新型になると思います。

装備構成
武器赤龍ノ閃ク刃(属性問わず)持続珠 III
EXヴァルファーヘルムβ痛撃・治癒珠、攻撃珠
EX斉天ノ衣β無傷・治癒珠、超心珠
EXブラキウムアームβ超心・体力珠、超心・治癒珠
EX斉天ノ帯β昂揚・体力珠、剛刃珠、攻撃珠
EXブラキウムグリーヴβ昂揚・体力珠、攻撃珠 × 2
護石挑戦の護石 V
装衣回避の装衣・改体術珠 × 2
アサシンの装衣・改耐衝珠、昂揚珠
武器の強化内容
覚醒能力屍套龍の霊脈、斬れ味強化 VI、斬れ味強化 V、攻撃力強化 V × 2
カスタム強化回復能力付与 I、攻撃力強化 I(素材足りずスクショでは付いていません笑)
発動スキル
挑戦者 Lv7渾身 Lv5
攻撃 Lv4体力増強 Lv3
体力回復量UP Lv3超会心 Lv3
弱点特効 Lv3フルチャージ Lv3
アイテム使用強化 Lv3強化持続 Lv2(Lv3)
剛刃研磨 Lv1(体術 Lv2)
(ひるみ軽減)超回復力(屍套龍の霊脈)
渾身・極意(金獅子の闘志)挑戦者・極意(砕竜の闘志)

上記構成だと基礎会心率が10%+渾身40%+弱特50%+挑戦者20%で、120%とオーバーして見えますが、非怒り時や傷なし状態などでもわりと安定して会心が出せていたので意外にも使用しているバランスは良かったです。あと最近流行りのアサシンの装衣を着用状態で戦うことを前提に考えていますので、モンスターと接敵してから着用してくださいね。笑

なんといっても最前線のシリーズスキル「挑戦者・極意」と「渾身・極意」を採用して、超回復力での自動回復で安心できる、フルチャージ発動も現実的なラインという点が魅力だと思います。驚異の3シリーズスキル発動!ってところも見どころです。

「過信はできなくともわりと安心してプレイできる高火力」という構成になっていると思うので、個人的にはかなり使い勝手が良かったです。私は今後この装備メインでプレイしようと思っています。笑


余談:そんなにキレアジの上ヒレ集めてどうすんの?

冒頭でもご紹介したとおり、キレアジの上ヒレを使うと1回の研ぎ動作で武器の切れ味を復活させることができます。アイテムポーチ所持上限数は5つで、75%の確率で消費しない!単純に4回の研ぎで1つ消費する計算なので、1クエスト中に20回は高速に研げることになります(そんなに研ぐこともないけど…笑)

しかもキレアジセーバーには武器スキルとして『剛刃研磨』がついています。これは運営からのヒント、つまりどういうことか?そう、剛刃研磨ありでキレアジの上ヒレを使えば、近接必須スキルと名高いカイザー3部位で発動する『達人芸』の呪縛から解放されるのです!

苦節7ヶ月、くらい?やっと・・・達人芸を捨てることができる!意味のない爆破属性強化、熱ダメージ無効、気持ち程度の力の解放。そんなカイザー装備をやっと脱ぎ捨てることが許される日が来たのです!!!

きっと同じように感じていた人も多いはず。「はいはい、カレカカガ最強ね…」「はいはいカブカカブ最強ね…」と。アイスボーン発売から半年経ち、追加モンスターの魅力的な防具も増える中、未だに脱ぎ捨てることを許されないテオ・テスカトルの防具に、私は正直嫌気がさしていました。あと水・氷の耐性低すぎぃぃぃ!w

もちろんテンプレが強いことは分かる!だがそれでは何のための追加防具なんだ?もっと選択肢があってもいいじゃないか!皆して爆破武器担ぎやがって!これじゃ属性ある意味ないやんけカプコン!とね。まるでワールド時代の無属性強化最強時代を彷彿とさせる、正直面白みに欠ける事態だったわけです。


まとめ

その他にも剛刃研磨を採用したキレアジの上ヒレスタイルの装備を作っていろんなモンスターを狩りに行ってみたのですが、意外と研ぎたいタイミングで研がせてくれないことが多いと感じました。もちろんキレアジの上ヒレ使うと一瞬で斬れ味復活できるので便利なのですが、斬れ味管理をこれだけにしてしまうと、達人芸に慣れた方は少しストレスを感じるのではないかと思います。

アイテム使用強化の有無については人によって分かれるかと思いますが、なるべく長く斬れ味を気にせずに戦闘できるように付けておいたほうが良いと感じました。たった30秒と思ってましたが、その時間の差も何度もあると意外と大きいと思いました。

決して達人芸が不要というわけではなく、達人芸以外に採用したいシリーズスキルがある場合にキレアジの上ヒレがあるとわりと安定して斬れ味を維持できるよ、という結論に私は至りました。ただ、装備選択の幅はさらに広くなった印象ではあるので、皆さんもこれからいろいろ試してみてください。

今回は以上となります!それではまた!