紹介ゲームタイトル

紹介ゲームタイトル

全てのゲームタイトル

【PS5初体験日記】Spider-Man Miles Moralesプレイで分かったプレステの進化と実力

PlayStation5発売おめでとうございます!昨日は朝から晩まで時間を惜しんでPS5でのゲームプレイに没頭していましたが、早速所感をまとめておこうと思います。先に結論だけ言ってしまうと「PS4の3倍くらいはゲーム体験が拡張された」という印象です。つまり最高にゲーム楽しめるよってこと。僕がPS5を評価したい点を5つに分けて書いてみます。

※今日は超絶眠いのでスクショや画像は更新というかたちで後々追加していきます…


1. ロード時間は全く感じられない

以前から公式アナウンスされていた爆速SSDによるロード時間短縮というポイントですが、実際にどれくらい変わるのか気になっていた方も多いと思います。純粋な比較ではないのですがローンチタイトルであるSpider-Man Miles Moralesをプレイしてみたところロードでの待ち時間は一切無かったです。ただまぁこれは各ゲームソフトによって変わってくると思うので一概に言えないとは思いますが、間違いなく爆速です。起動も一瞬なので思い立ったらゲームの世界へダイブできる感じ。システムも含むスムーズなゲーム体験の構築において最も重要なポイントだと思います。

今までロード時間とかに飲み物飲んだりタバコに火を点けたりお菓子食べたりしてたんですが、いよいよそんなヒマも与えられなくなってきました。待ち時間のストレス無くずっとゲームの中にいられる…おそろしや。1時間遊んで一旦休憩というサイクル構築にも貢献してくれそうで、ある意味健康的なゲーミングライフを送れそうです。(ただし睡眠時間は削られます)


2. 非常に洗練されたUIが使いやすい

ホーム画面やPS5のシステム画面についてはたぶん人によっては慣れるまでしばらく受け付けないなーってこともあると思いますが、間違いなく見やすいし使いやすくなっています。各操作項目のレイアウトが大幅に変更・改善されていて、今のゲームニーズに合わせてちゃんと整理されているという印象。そして操作アイコンやシステムトレイはゲーム・コンテンツ自体をしっかりと見せるために控えめながらも見つけやすい。私がここ最近触れてきたUI関連で一番感銘を受けました。そうそうこれこれ!って感じで、文句のつけどころが無いくらい完成度が高いです。

PS4はなんか無駄に横長になってしまうレイアウトで、カーソル合わせると正直どうでも良いゲーム関連情報が画面下部に表示される作りでした。たぶん「カーソル合わせて1秒→関連情報読み込み・表示」って感じの作りだと思うので、見ようと思っても少し遅い気がするし、まぁ正直見ることほとんどないのでホーム画面では縦半分くらい画面領域が無駄だったんだなーって。個人的にはかなり勉強になる素晴らしい改良でした。


3. 持って納得 DualSenseの完成度と没入感

新たなコントローラー「DualSense」のゲームパッドとしての完成度が非常に高いです。まず握った瞬間に分かる握り心地の良さ。DualShock4と比べると一回り大きくなって正直持ちにくいんじゃないか?という懸念があったのですが、全く要らぬ心配でした。というのも程よい太さのグリップが先端からトリガー部まで滑らかに真っ直ぐ隆起していることでホールド感が抜群に良いです。

さらに、私は普段LR+トリガーは人差し指のみで操作するタイプなのですが、中指がちょうどトリガー下部の緩やかな窪みに程よくフィットして、持った瞬間「コントローラーを持っている」感覚を失いかけました。一応LR人差し指トリガー中指持ちでも操作してみましたがきっと持ちやすいはず。あと地味に背面の滑り止め加工がプレステのサインである図形で構成されていて凝ってるなー!と更に感動。

その他、スティックの外周には指のひっかかりが程よいザラザラ加工されていて窪みも最適化されて指先にしっかり吸い付く感触だったり、ボタン類は表面印刷ではなく埋め込み印刷だったりして、本当にしっかり設計し直したんだなって分かる作り。こりゃ7~8千円するわなって。笑

もちろん手の大きさや指の長さによっては持ちづらかったり合わないこともあるでしょうが、それでもかなり多くの人が持ちやすいカタチを追求したんだろうと思われる形状。例えるならSwitchのプロコンとXboxコントローラーを持ちやすくプレステ寄りにした感じ。

肝心の触覚フィードバックは極めて繊細な振動も再現可能のようで、鉄の上を歩いているコツンコツン感や水中へのドボン感など、ゲーム内で起きていることの説得力みたいなものを非常に強く感じます。振動でこんなに細かな表現ができたんだなぁって純粋に感動しました。

アダプティブトリガーも操作キャラが「強く引っ張っている」場合には1段階押し込みが重くなり抵抗を感じます。私が現在プレイしているSpider-Manではおぉーとはなりますが今のところそんなに感動は得られませんでした。ただゲームによっては武器によってトリガーの重さが変わる等の表現も可能だと思うので、特にFPSなどのシューティングでは注目していきたい機能だと思っています。


4. IPv6対応で本当にオンラインプレイが快適に

一部ユーザーから心待ちにされていたIPv6対応が実現しました!これで本当にオンラインプレイが快適になってくれました。我が家のネット回線だとなぜかIPoEでも19~23時のゴールデンタイムで下り3Mbpsとかザラだったので、本当に嬉しい。。これでもう「ラグいなぁ~」って言い訳しながらバトロワせずに済みそう。当然のことながら通信環境によって速度は全然違うので、万人が今すぐ恩恵を受けられるわけではないのでしょうが、少なくともv6対応したことでより安定した高速通信が期待できます。

混雑して速度が遅くなるゴールデンタイムにゲームダウンロードしたり、Apexもやってみましたが今までとは全然違って快適でした。ありがたやありがたや…。


5. アプリ連携やメディア連携が非常にスムーズ

私はスマホにPS Appを入れているんですが、PS5本体画面とのデザイン性の統一感があり使いやすく見やすいです。さらにスマホでボイスチャット参加可能になって今までよりもスムーズにフレンドと交流できるようになりましたし、ゲーム購入もスマホでサクッといけちゃいます。PS5本体の拡張モニターみたいな感じとしても使えちゃうのでアプリまだ入れてないって人には本当に強くおすすめしたい。まじで入れたほうが便利になったよ!

あとPS5からTwitch・YouTubeでのブロードキャストも非常にやりやすくなりました。クリエイトボタン(旧シェアボタン)を押して表示されるメニューも見やすく分かりやすいし、余計な注意書きも出てこないので思い立ったらすぐに始められます。キャプチャも「保存しました」って通知出ないし。うん、それでいいのよ。笑

ちょっとPS5本体とは違う話題のようではありますが、これらの連携感を全て含めて「PlayStation5」という新時代のゲーム機だと思うので、外せないポイントの1つだと感じています。


早く多くのPSファンに届いてほしい

もうこれだけが心からの願いです。実際に触ってみて最後に言えるのは「マジで最高のゲーム体験が待ってるので未入手のPSファンに早く届いてほしい」ということ。高額転売の話題が毎日目に付きますし、転売価格でも買ってしまう人の気持ちも分かります。私は有り難いことにフレンドの方から少しだけ気持ち上乗せして譲っていただいたので発売日に入手することができましたが、抽選予約は見事に全て落選していました。正直SIEやSONYの販売体制に疑問を持ち続ける毎日でしたし、事実本当にゲームプレイしたい人が入手できていないことに憤りを感じます。

圧倒的にゲーム体験の質が向上しますし、より深くゲームに没入できます。今なら分かります、SONYは本気なんだってこと。よりゲームユーザー繋がり合い、よりゲーム中に引き込まれ、よりストレスのない世界を目指しているんだってこと。もしかしたら年内の入手が難しい人も多く出るかもしれませんし、興味自体を失くしてしまった人もいると思います。でも少しでもこれからのPlayStationでゲームを楽しみたいと思えるのなら、諦めずに抽選参加してください。きっと素晴らしい体験があなたを待っています。きっとSONYは本当にPSファン皆に届けたいって思っています。

さて…私は眠れぬ日々が続きそうです。当ブログでは今後もPS5関連のゲーム紹介や攻略情報等を投稿していきますので!それではまた!