紹介ゲームタイトル

紹介ゲームタイトル

全てのゲームタイトル

Horizon Forbidden West 本格的な次世代ゲーム時代の到来を感じる高精細な世界を駆ける

待ちに待ったホライゾンの新作、Horizon Forbidden West(ホライゾンフォービドゥンウェスト)を100時間ほどがっつり遊んだので自分なりの感想をまとめてみようと思います。ちなみに私は今作について肯定派で神ゲーだと評価できると思っています。

なおUIや操作性について一部疑問に思う部分はありましたし、進行不能バグ等も少し遭遇しましたが、いずれもあまり致命的な欠点だとは思わないのでここでは割愛します。というか近年の70~80%リリースが主流とも思えるゲーム業界において、かなり調整された優秀なゲームだと思います。

また、本記事ではストーリーに関する重要なネタバレは含まないようにしていますので、購入前・プレイ前の方も安心してご覧ください。


グラフィックの進化がもたらす超美麗な世界

まずは誰しもが認めるであろうグラフィック面について。終始圧倒されるほどのピクセル密度というか目への情報量によって、ゲーム操作の手が遅くなるレベルでした。ものすごく高精細。見るだけでゲーム新時代始まったなと感じさせるグラフィックです。

アーロイの産毛がものすごく自然で良い感じ

特に今作は人の表現が非常に上手だなと感じました。肌や髪の質感、顔周りの産毛、そして周囲のライティングによって表現されていると思うのですが、結果として超リアル志向のファンタジー感があります。もちろん砂の粒状感や草葉の揺れ、岩肌や鉄・布といったあらゆる素材感がしっかり正当な進化を遂げています。

水中をここまで綺麗に表現しているゲームは珍しいと思う

そして新たに実装された水中の表現が特に素晴らしかったです。水面や水しぶき、寄せてくる波などの環境表現がとてもリアリスティックで、海中もとても綺麗でついつい潜ってしまうほどでした。もちろん水中というフィールド自体が本作の目玉でもあるので、かなり力を入れたんだろうと感じる出来。特にメインストーリー中盤に訪れる施設では思わずすげぇ…と感嘆したほどです。

最初は機械炉の見た目の圧がものすごい

また肝心の機械も細かな内部パーツに至るまで全てしっかり作り込まれていて、部品切り離しの気持ちよさが格段に向上しています。機械炉内部もかなりごちゃごちゃとした施設ではあるものの、一瞬ユーザーの目を圧倒する程度に見えるようしっかり調整されているように感じました。

私個人的には今後しばらく今作のグラフィック体験に勝るものはないだろうなと思います。そしてPS5時代のゲームグラフィック基準となる作品になったとも言えます。


武器・アクションの拡張で遊びの幅が広がった

やっぱりサンダージョーと戦うのは楽しい

前作 Horizon Zero Dawn でも相当な戦闘の幅がありましたが、今作では更に多くの武器種や近接アクションが追加されていて、遊び方の幅が格段に広がったなと思いました。ただしこれは否定的な意見も含みます。

狩人の弓・戦弓・長弓の3弓はあえて変更せず、別路線の武器を追加していることはすごく良い判断だと思います。これがホライゾンであり、アーロイの戦いの基本であるからです。また、効率よく罠にかける方法を考えたり、早く倒すための方法を模索したり、部品切断の最適化を試したり、とにかく何を使うのが最適だろうか?と色々試すのが前作同様に楽しいです。

一方で、じっくりプレイせずに一旦はストーリークリアだけを目標としてプレイする場合には全く意味がない要素でもあります。極端な例を出すと武器は狩人の弓とブラスターさえあればよほど弓アクションゲーが苦手でない限りゴリ押しできますし、属性も酸があれば大半の機械に有効です。

また、近接は槍のみではありますが、コンボが増えていたり強攻撃による敵部位の弱点化などが一応面白い要素でした。ただ近接攻撃についてはそもそもするメリットを感じられない戦闘が大半だったのでそこは少し残念でした。恐らくゲームプレイのバランス調整で一番難しい点なのだろうと思いますが。一部の戦闘では死にゲー風のものもあるので、そういった時には槍をフル活用して遊ぶのが楽しめると思います。まぁ標的ロックもパリィもないんですけどね…笑

まとめると、個人的にはもう少しストーリー中でも武器を使い分ける意味や楽しさを明確に提示してよかったんじゃないかなと思いました。一応やり込み的要素でもありますし、プレーヤーの取捨選択や嗜好の多様性を尊重したカタチではあるんだろうなと。でも折角追加したならその意味をもっと感じられるシーンがあるほうがもっと楽しめたなーと思ってしまいました。


機械の追加により更に生命の多様性を感じられる世界

うじゃうじゃいる恐竜みたいなクローストライダー

ホライゾンシリーズ最大の魅力でもある機械獣が大量に追加され、より一層生命の多様性や生物の神秘を感じられました。本来無機物であるはずの「機械」に生命の鼓動を感じられるという一見相反する点がポイントですから。

上空から偵察してくるクソ鳥

特に今作では陸だけでなく海や空にも重点を置かれているため、いろんな特徴を持った生物モチーフの機械獣がうじゃうじゃいます。そして彼らの生態や攻撃手段もとても良くできていて、機械なのに生きているという錯覚をより強くしています。

丘にはラプトル系の恐竜が徘徊していたり、水中には縄張りを見張るワニがいたり、空の目であるタカが飛び回っていたり。前作の数倍は機械獣への愛着と執念が増すように設計されていると思います。笑

このロケーションが本作で一番お気に入り

個人的に一番のお気に入りは翼がソーラーパネルになっているサンウイング。活動エネルギーを補充するため?に太陽に向けて翼を広げている姿が非常に愛らしい。でも戦闘になると空飛ばれるので少し面倒。でもそれが機械獣と戦闘したりオーバーライドできるホライゾン本来の醍醐味だなと改めて思いました。

また機械の攻撃方法も非常に多様になっており、個人の率直な感想としてはよりモンハンらしくなったなと思いました。もちろんこれは良い意味で。一辺倒な攻撃方法というわけではなく、力ずくの近接をしてきたり、遠距離からのうざい攻撃があったり、地面や空からの強襲があったり。ここら辺は長くなるので割愛しますが、とにかく機械との戦闘はうざくも楽しいです。それが良い。

近接も遠距離もホーミングがえぐい

ただ唯一印象が悪かったのは機械の攻撃が全体的に追尾性能高すぎという点でしょうか。プレイヤーが移動する先を必中するように狙って攻撃してくるので、攻撃が出るタイミングで逆方向に逃げることを要求される戦闘になることが多かったです。傾向を理解できれば避けるのも簡単なのですが、むしろそれが良くない。結果的に通常スタイルの真っ向勝負は左右交互に回避を繰り返すことが多くなるのですが、これが戦闘面では飽きてしまいました。まぁ機械に限らず戦闘全般の印象なのですが。


総合的な評価と感想など

ここまで大まかに本作の魅力を書いてみましたが、最後に私の総合的な感想をまとめておきます。まずはじめに、前作ファンでPS5所有者は是非プレイしましょう!ゼロドーンでの感動と興奮がまた蘇りますよ。

前作トロコン済み、ストーリークリア&トロコン目前までじっくり約100時間遊んでみた私としては、Horizon Forbidden Westは良くできた続編だと感じました。正当進化という表現が適切か分かりませんが、期待を超える体験ができたと言えます。前作ファンであれば間違いなくハマる一本だと思いますよ。

ストーリーについてはネタバレ防止のためここでは細かく言及しませんが、良くも悪くも「続編」でした。ゼロドーンほどの衝撃は正直ありませんが、しっかり謎を明かしつつもその後が気になるような展開になっていました。

そしてこれはゲームに対してというより多くのレビュワーに対しての意見ですが、前作未プレイで今作を評価するのは違うんじゃないかなーということです。特に最速クリア系で発売後我先にとレビュー出している方々の多くは正直共感できないものが大半でした。特にストーリーに関する点。

もちろんゲームシステムや世界観について感じることや共感する点はありますが、完全に前作の物語に続くゲームであることは最初から分かっているわけで、ストーリーに付いていけなくなったとか良く分からんかったみたいなのは当たり前で。スターウォーズEP1見てないのにEP2観た感想みたいなものなので、それで語らないで欲しいと思ったのが本心。「再生稼ぎのために雑に食い散らかしてんじゃねぇよ!」ってことです。

まぁでも回想みたいなもので世界観や人物・ストーリーについて補完するような配慮はあっても良かったかもと思いました。登場人物に対して誰だっけこいつ?みたいなことは最初私もありましたし。

いずれにせよホライゾンゼロドーンのファンであれば非常に楽しめる作品です。ただあまりストーリーや物語の展開については過度に期待しないほうが良いです。私としては「なるほどそうなるわけね」って感じの印象でした。だから良くも悪くも続編。でも続きが気になる展開でもありますし、今からあるかもしれないDLCや続編への期待を持てる内容でした。まだこの世界を見せて欲しいと思いました。

最後に、世界的に活動が困難な状況の中、これだけファンに誠実な作品を届けてくれたGuerrilla Gamesの皆さんには感謝しかありません。また感動と興奮を与えてくれてありがとう。この先も是非ホライゾンの世界を体験させてください。

何よりもGuerrillaとコジプロの協力しながらお互いに高めあっている関係性も本当に素敵だなと1人のゲーマーとして思います。DECIMAの表現力には毎回圧倒されるし、これからも良い関係で僕たちファンにまだ見ぬ傑作を届けてくれることを願っています。

まとめ:前作やりましょう。ファンならやりましょう。以上。

©2022 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Guerrilla. Horizon Forbidden West is a registered trademark or trademark of Sony Interactive Entertainment LLC.